今年の生活

今年は行事が少なく、ブログの記事も少ないのですが、今まではいつも移動や刺激の多い生活をしていたのだなあと気づかされます。

今は静かな生活を送っていますが、その分今までやりたくても時間がなくて出来なかったことが出来たりして、とても充実しています。

たとえば見たかった映画(DVD)を見たり・・・だいたいは音楽映画を見ます。今年の映画では「キャッツ」や「ジュディ」、少し前の「マリア・カラス」、そして古いミュージカルなどを見ました。

とくに今年は今までに見る時間がなかったバレエの映像にハマり、ヌレエフやバリシニコフ、ジョルジュ・ドン、ポルンスキーなどのダンスに驚嘆しました。パリ・オペラ座のドキュメンタリーやバレエ映画を見ています。

そしてもちろん、音楽コンサートのDVDを見たり・・・これで世界の音楽祭に参加した気分になったりして、お手軽な海外旅行・時間旅行が可能です。ドイツのバッハ音楽祭やロンドンのプロムスに行ったつもりになれます。

また、真面目にベートーヴェンのピアノソナタの分析もやっています。これが時間がかかって面倒なのですが、やってみると面白くて楽しめます。やはりベートーヴェンの音楽の作り方はすごいです!

そして当然ですがピアノを弾いています。今までに弾いたことのある、あらゆる曲や、まだ弾いたことのない曲やら・・・ピアノサロンでスタインウェイを弾いていると、自分で自分の音に感動して酔ったりしてしまいます。まるで一人芝居みたいなのですが、手前味噌で申し訳ありません。

 

あまり変化のない、刺激のない生活をしていると、道を歩いていても草花に目が止まったり、星の光が気になったりします。今日も乗鞍に沈む夕日がとてもきれいで、夕焼けの雲の色が刻々と変わる様子が、まるで雄大な空のシンフォニーのようでした。

今日も、刺激のない一日に感謝いたします!

 

 

 

 

 

2020年10月26日